トップ > 妊婦さん必見 用語解説 > カンガルーケア

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

カンガルーケア

カンガルーケアとは、赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触させながら保育する方法を言います。

そうすることによって、健全な心身の発達を促そうというもの。

この方法がカンガルーの子育てに似ている事から、名づけられました。

カンガルーケアはその後の我が子へのかかわりに大きな影響を与えるといわれています。

母子関係の形成に非常に有意義であり、母乳分泌の促進、そして安全なお母さんの常在細菌が移行することにより、赤ちゃんの感染予防にも役立つからです。

この記事のカテゴリーは「妊婦さん必見 用語解説」です。
妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

バースプランとは?

バースプラン「どんなお産をしたいか」とか「入院生活をどう過ごすか」というように出...

カンガルーケア

カンガルーケアとは、赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触...

母子同室

母子同室とは、出生直後から赤ちゃんが、お母さんの傍にいることです。 赤ちゃんが欲...

ソフロロジー

陣痛を痛みとしてとらえるのではなく、積極的な喜びとしてとらえるようとする考え方。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

カテゴリー