トップ > 妊婦さん必見 用語解説 > ソフロロジー

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

ソフロロジー

陣痛を痛みとしてとらえるのではなく、積極的な喜びとしてとらえるようとする考え方

ソフロロジー式分娩=超痛分娩

これまでの陣痛に対する考え方として「リード・ラマーズ法」では陣痛に伴う関連通を断つことにより、その和痛効果を求めました。

それに反してソフロロジーでは、陣痛を母親が出産を行う過程、つまり赤ちゃんを自分が産み出す上で、もっとも必要なエネルギーとして捉えます。

「自分は“生命の運搬人”である」と言う自覚を持り、鎮痛するのではなく、痛みを乗り越えるためにソフロミナルな意識段階でイメージトレーニングを行います。

この記事のカテゴリーは「妊婦さん必見 用語解説」です。
妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

バースプランとは?

バースプラン「どんなお産をしたいか」とか「入院生活をどう過ごすか」というように出...

カンガルーケア

カンガルーケアとは、赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触...

母子同室

母子同室とは、出生直後から赤ちゃんが、お母さんの傍にいることです。 赤ちゃんが欲...

ソフロロジー

陣痛を痛みとしてとらえるのではなく、積極的な喜びとしてとらえるようとする考え方。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「おすすめ産婦人科ランキング」です。

カテゴリー